寂れた街と言われた京都太秦の大映通り

京都の裏路地に心打たれてから京都に観光に行くときは神社や寺が目的では無く、寺や神社の行く時に歩く道や路地を目的として観光しています。

天皇さんが昔、京都に住まれて居たため、天皇さんの住む御所に向かう道はあえて狭くしてあり迷路のようになって居たり、碁盤の目のようにシンプルになっていたりと京都の道は深く、そして狭い。
特に私が好きなのは太秦の広隆寺へ向かう途中に歩く大映通りです。

特に何てことは無いのですが、昔の俳優さんや有名人が良く通っていたとされています。
そしてそんな名残が感じられるレトロな食堂や、銭湯、本屋さん、和菓子屋さんなど街の空気感がとても懐かしさがあり、昭和を感じさせます。
すぐそばで走る路面電車も当時を思い出させてくれます。

新しいマンションや小綺麗な美容院とかが最近では建てられているのが残念ですが、広隆寺へ行かれる際には是非この大映通りを通って行かれることをオススメします。
大映通りの中に入っている和菓子屋さんのみたらし団子がオススメですよ。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ