カードローンの種類にはどのようなものがあるの?メリットとデメリットをご紹介

「給料日前に冠婚葬祭や急な引っ越しなどの出費がありお金が足りない」
そんな時に便利なのがカードローンです。

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関から無担保で借りることが出来る融資のことです。
カードローンには3つの種類があります。
それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

1、銀行のカードローン
銀行のカードローンは、銀行が融資を行うカードローンです。
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行。新生銀行(レイク)などが有名です。
メリットは、金利が他のカードローンより低いことです。
また、総量規制(借入限度額が年収の3分の1まで)の対象外なので、高額の融資を必要とする人におすすめです。
デメリットは、審査が厳しく、時間もかかることが多いことです。
当日お金が必要という人には向きません。

2、消費者金融のカードローン
消費者金融とは、法律に従い、個人に対して無担保での融資をする貸金業者のことです。
アコム、プロミス、アイフルなどが有名です。
メリットは、銀行のカードローンに比べて審査のハードルが低いことです。
また即日融資も可能なので、当日お金が必要という人におすすめです。
さらに、会社によっては一定期間無利息で融資を受けることが出来ます。
デメリットは、銀行のカードローンに比べて金利が高いことと、総量規制の対象なので、多額の融資が出来ないことです。
例えば30万円をカードローンで借りる場合には最低で90万円以上の年収が必要となります。

3、信販会社のカードローン
信販会社のカードローンは、クレジットカード会社が融資を行うローンのことです。
クレディセゾンマネーカード、三井住友カードゴールドローン、オリックスクレジットなどが有名です。
メリットは、クレジットカードを扱う会社なので安心感があるということです。
また、会社によっては融資を受けると特典を受けることが出来ます。
デメリットは、消費者金融同様に総量規制の対象となることです。
また、審査基準は消費者金融と同様ですが審査に多少期間がかかります。

終わりに
ご紹介した通り、カードローンには色々な種類があります。
それぞれのメリットやデメリットを理解した上で、自分に合ったカードローンを選択し、計画的に利用するようにしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ