青森の西の端にある夕日が綺麗な温泉【みちのく温泉】

口コミの投稿者:ayamocha様(38歳)
観光の場所・・・青森県

3~4年前になりますでしょうか、今でも仲の良い大学の後輩と、秋田から青森にかけて旅行をしました。
その時に泊まったのが「みちのく温泉」と「アソベの森いわき荘」ですすが、みちのく温泉の事はとてもよく憶えています。

みちのく温泉は、青森県深浦郡にある温泉旅館。五能線線路のすぐ近くにあり、最寄り駅はウェスパ椿山駅。宿に連絡すると送迎してくれます。
この日は秋田を朝に出発し、リゾートしらかみに乗ってまずは十二湖を目指しました。
ここでミニ白神のハイキングを堪能し、その後に宿へ向かいました。
みちのく温泉は入口にある大きな水車が目印…と聞いていましたが、まさかあそこまで大きなものとは!旅館建物よりも大きく、しかもちゃんと回っています。
日本一の名は伊達ではありませんでした。

お宿は老舗の温泉旅館という雰囲気。客室は旧館・新館とあり、この日は旧館の方に泊まりましたが、古めですが清潔な良いお部屋でした。
一息ついた後は、これまたお宿自慢の、夕日の見れる露天風呂へ。
面白い事に、お風呂からは日本海だけではなく、五能線も見えるのです。
私たちが入っていた時も、夕暮れの中電車が通過する様を見られて眼福でした。
肝心の夕日の方もとても美しく、沈んだ後も徐々に暮れていく様をいつまでも眺めていました。

温泉は源泉かけ流し、泉質は「二酸化炭素、ナトリウム、塩化物強塩」。
ほんの少し赤く染まった、乳白色のとても気持ちが良いお湯でした。

夕食は大広間で頂くのですが、これでもかというほどの海の幸。素材が良すぎるので、もう余計な味付けはいらない!という感じのお料理が品良く(これがすごい)並んでいました。
追加でアワビ踊り食いが付くプランだったのですが、勿論これも美味しく頂きましたが、無くても十分楽しめる内容でした。
この内容で金額は、一泊二食で10500円。
北東北が地元の方に聞いたおすすめ宿だったのですが、本当に大満足。また訪れたいお宿です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ